風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言い伝え

幼い頃、祖父や両親から生活上に於いて教訓めいた事をよく云われた事を想い出します。
そこで、今まで日常の生活の中で昔から言い伝えられてきた故事・諺・俚諺や迷信を記憶を辿りながら書いてみようと思います。
この様な言い伝えは全国的に見ると星の数ほどあるそうですが、ここでは私のふるさと(栃木県県北)で聞いた範囲を掲載したいと思います。
うろ覚えの部分がたくさんありますので、参考文献として”下野の故事ことわざ辞典”を参考としました。
まず、故事・諺・俚諺・迷信・俗信の説明をしたいと思います。

・故事(こじ)
 単に古い昔の事柄という場合と昔から伝えられているいわれのあるまた前例 とすべき事柄。
・諺(ことわざ)
 古くから人々に言い習わされた言葉で、教訓・風刺などの意を寓した短句や 秀句である。
・俚諺(りげん)
 民間で言い習さわれてきたことわざと言う意味で”俗諺”とも言われる。
 ”俚言(俗間の里ことば)””俗言”を用いて表現される諺でもある。
・迷信(めいしん)
 俗語のうちで、特に社会生活のうえに害を及ぼすものを言う。
・俗信
 民間で行われている宗教的な慣行、風習、呪術、卜占、禁忌、妖怪憑物の観 念などをさす。

スポンサーサイト

テーマ:なんでも.栃木.! - ジャンル:地域情報

  1. 2006/01/09(月) 14:36:40|
  2. 郷土の故事・ことわざ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郷土の言い伝え(その一)

私が小学生の頃(昭和30年前半)、学校が終わって家に帰ってくるとランドセルを縁側にブン投げてそのまま遊びに行ってしまう。
いつもの溜まり場には男ばかり低学年から高学年まで10人くらい集まっている。
「今日は何すっぺ!」
「巡査ごっこでもやっか!」
「ああ、そうすんびゃ!」
などと言いながら、巡査と泥棒に分かれて遊びが始まる。
巡査は隠れている泥棒を追い掛け回し、捕まえると持っていた荒縄でふんじばってしまうのである。
今時の子供たちには想像もできない様な荒っぽい遊びであったろう。
陽が傾くと皆、埃と泥で汚れた顔をして帰っていく。
西の空を見ると綺麗な夕焼け、あしたも晴だなぁ~。

「ただいま~。」
「いつまで遊んでんだ!カバンぶん投げっぱなしにして!」
カマドから漏れた煙が漂う薄暗い台所で、畑から帰ってきた母の声がする。
「今日は宿題あんか?あんだったら晩飯の前にやっちゃえよ。」
私は母の小言を上の空で聞いている。



[郷土の言い伝え(その一)]の続きを読む

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報

  1. 2006/01/16(月) 21:10:00|
  2. 郷土の故事・ことわざ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。