風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真芸術を読んで。

先日、仕事で調べ物があったので図書館に行った。
目的の図書が見つかり数冊借りてきた。
ちょっと時間があったので写真図書のコーナーに寄って来た。
いつも行く図書館なので100冊以上ある写真集は全て見てしまっている。
見慣れている写真集の中でもやはり黒白の写真集が何故か目に止まる。
土門拳、木村伊兵衛の写真集、そしてアンセル・アダムス、アンリ・カルチェ・ブレッソン、ブラッサイの写真集などなど行く度に見ている。
何遍見ても見飽きることはない。モノクロをやっている私にとっては最高のバイブルであるからだ。
土門拳のオリジナルプリントは見たことがあるが、その他は写真集でしかみた事はない。
数年前、土門拳のオリジナルプリントで見た”筑豊の子供たち”これだけは今もって私の目に焼きついている。あの引き込まれそうな黒。

書棚をみると写真集に混じって1979年に発行された”朝日選書・金丸重嶺著「写真芸術」”が目に止まった。
ぱらぱらと捲ってみたが内容にかなり難しい事が書いてある。
今までに、写真家の自伝書などはそれなりに読んできた。でも、この本は私の求めていた写真の真髄に迫るような、興味ある内容が書かれている。
早速借りてみた。
内容が哲学的で、頭の出来の悪い私にとってはかなり難しい内容だ。私がもう少し学校で真面目に勉強していたならば、この素晴らしい内容が理解できたろうに。
今悔やんでも致し方がない、ここは我慢のしどころ、睡魔に邪魔されながらも老眼鏡を掛けて一文字一文字注意深く読んでみた。
とても素晴らしい事が書いてある。少し抜粋してみよう。


「写真と表現」
”現実と象徴”
写真は見たものについて何を感じ、如何に感じたかを伝えることによってつくられる。

カルティ・ブレッソンは、人間を描くことにおいて特に傑出した多くの作品を残している。
彼の初期作品(1932年)にモンパルナスのあるカフェのテラスで撮った一人の老人の写真がある。
帽子を被り、ステッキに手をのせて外を見つめる眼は異様に光っているが、老残の姿は覆い隠すことの出来ない寂しさを与えている。
現在にある姿は、遠い人生の旅路をはるかに思わせて、この一枚の写真からは見る人に多くの想像を与えてくれる。
この写真が優れていることは、見るものにとって、単に、構図や、明暗、さらに表情という画面の上に現れた問題ではなくて、この画面の内側に潜む
何かの漂うものから発展して、見る人の想像の中に作られる意味が感じられてくることである。
作者が対象に向かって感じた意味、その支えがあって初めてそこに生きている具体感を感じさせる。
ハーバート・リードは、想像について次のように言っている。
「記憶は、イメージを呼び戻す能力であり、想像は、イメージを相互に関連させ、思考や、感情の過程でそれを結び合わせる能力である。」
写真家の目的は、技術の操作者ではなく、それによって、混沌とした現実の形に秩序を与えることである。」
カメラの前にある現実を組織立て、集約し、そこにある意味を明らかにして、画面の上に自分の考えを認識されるように表現されたとき初めて、作品としての立場をもってくる。
そこには、画面の上にあらわれる状態を説明するために、作者自身の主張も強調される。又画面の中にあらわれる光の関係や、構成を巧みに計算することによってそこに意味するものを暗示させることもできる。


以上、ほんの一部を抜粋してみたが、ちょっと古いがこの素晴らしい書籍を読んで頂くか否かは写真を愛して止まない諸兄のご判断に委ねたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/30(火) 21:49:56|
  2. 写真について。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組写真「霊山」に想う。

数年前の一時期、俳句に凝ったことがあった。
当然のことながら「奥の細道」に興味を持ち、原文を読んでみた。
勿論、現代文に訳された説明文を読みながらである。
それと同行した曽良の書き残した「曽良随行日記」も合わせ読んでみた。
やはり読んでみて一番気に掛かるのは、間々田から芦野までの下野の国での記述である。
栃木県で詠まれた句は数首であったが、やはり地元だけあってひどく感動してしまった。
その頃、ネット上で「奥の細道」を検索していて、県内にも有志が建てた句碑が数多く残されているのを知った。
それからと言うもの、仕事の出先や休日を利用しては少しずつカメラに収めていた。
昨年まで「五月の風」に載せていたが、ブログを開設すると同時に此方へ新設してみた。
しかし、今まで撮り溜めた写真を組み入れながら再編しているのだが、遅々として中々先に進まない。
せめて、句碑だけでも一覧にして載せてみようかと思っている。
くだらない前書きが長くなってしまったが、本題である”「霊山」に想う”である。
確か数年前、句碑を撮り歩いている頃、古い句碑のある岩船山・高勝寺へ行った時の事である。
実は句碑は以前にデジカメで撮ってあり、目的は作品作りにあった。勿論、写真のである。
このお寺は標高400メートル位の山の上にあり、水子を祀る霊場として近在でも有名な山であった。
山の四方は垂直に切り立った崖で、霊場と云うに相応しい山容をしている。
山上は船をかぶせた様に平らでここから岩船と名が付いたらしい。
山裾から山上までは長い石段が続いている。
そして、山上にはお寺だけが建っていて、鬱蒼とした大木に囲まれその下に墓や石仏が散在している。一人で行くには寂しすぎてちょっと躊躇ってしまいそうな所でもある。
この日は、梅雨が明けたばかりの七月下旬の頃で、山内は木陰にも関わらず湿気の多い蒸し蒸しとした暑い日であった。
私は愛用の2台のカメラを携えて山内を散策していた。人は誰もおらず私一人だけのようだった。
気に入った被写体を見つけては三脚を据え、湿気で曇ったファインダーを覗き構図を決める。
最初のうちは寂しさにも気もとめず、ファインダーを覗いてはシャッターを切っていた。
山内の一番奥にある、とある場所で構図を決めていた。
そこには古い石仏群があり、いかにも霊山らしい雰囲気の場所であった。
私は早速、三脚を据えファインダーを覗きこむ。誰一人として居ないまるで時間が止まってしまったような山内。ファインダーを覗きこむ私のすぐ後ろに何故か人の気配がする。
後ろを振り向いても誰も居ない。ファインダーを覗き込むたびに何度も異様な雰囲気に襲われた。
ただ、他の場所では感じなかったのであるが、この場所での淀んだような何とも言えぬ空気の異様な流れが感じられたのは確かであった。
ここは多くの水子の霊を祀った所でもある。多分、水子の霊が淋しさのあまり、私に何かを問い掛けてきたのかも知れない。
私はこの異様な雰囲気に圧倒され、そそくさにカメラを仕舞い込んで逃げるかのようにこの山を降りた。
それ以来、この山には行ってはいない。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/26(金) 00:00:00|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組写真について。

これまで撮り溜めた写真や写真集の履歴に載せていました写真を単写真と組写真とに編集していきたいと思います。
今までの作品と重複する作品がありますがご容赦を。

写真集

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2005/08/23(火) 00:00:00|
  2. お知らせ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コピーフイルム作品について。

お盆休みも今日で終わり。
最後の休み、昼間からビールを飲みながらPCの前に根を張ってネットサーフィンしている。
5日間の休みの間、カメラを手にすることはなくひがらぶらぶらとしていた。
それと言うのもカメラの中にはミニコピーフイルムが入れっぱなしであり、真っ青な夏空に浮かぶ入道雲を撮ろうと待ち構えていたのである。
が、お盆の休みの間、このもくもくと恐ろしいほどに発達する雄大な雲が現われることは一度もなかった。
以前に買った期限切れのコピーフイルムは、狭い冷蔵庫の中で妻に邪魔だと口説かれながらもまだ8本残っている。一本50円で譲って貰ったのだが捨てる訳にはいかない。今月中には何とか解消したいと思っている。
その様な訳で何故か雲待ちの今日この頃。

以前、ブログリンク仲間の智朗さんからコピーフイルムで撮られた写真サイトを紹介されたのを想い出し再度アクセスしてみた。
素晴らしい作品は以前に拝見したのだが写真入門講座としての”個性的な表現への誘い”を改めて読んでみた。とても興味ある内容で、pdfファイルに纏められた写真作品への取り組み方への講義を綴ったものは読んでいても非常に素晴らしい内容であり、作品の注釈にしても私の写真への取り組み方のバイブルとなり得る講座であった。素晴らしいコピーフイルム作品を鑑賞すると共にこの素晴らしいサイト、是非ご一読あれ。

写真グループ”あかね”
茶房”風来居”
個性的な表現への誘い


テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2005/08/17(水) 11:24:48|
  2. モノクローム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絹層雲

kumo050521m.jpg

絹層雲と飛行機雲
SIGMA 28mm F:1.8  UVフィルター
フジフイルムミニコピーHRⅡ
現像液、コダックD-76・20℃原液・8分処理。

テーマ:雲の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/15(月) 22:45:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高積雲

rnz3.jpg

巨大なレンズ雲か?
雲の周辺には虹色に輝く彩雲も見られた。
カラーでないのが残念。

テーマ:雲の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/15(月) 08:44:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雄大積雲

kumo05081s.jpg

絹積雲と雄大積雲
SIGMA 28mm F:1.8  UVフィルター
フジフイルムミニコピーHRⅡ
現像液、コダックD-76・20℃原液・8分処理。

テーマ:雲の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/14(日) 10:28:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

とうもろこし畑

toukbseki2s.jpg
(下の写真を合成)


nydo1s.jpg
発達中の積乱雲(日光にて)
フジフイルムミニコピーHRⅡ

kibi3s.jpg
絹積雲
SIGMA 28mm F:1.8  UVフィルター
フジフイルムミニコピーHRⅡ (有効期限3ヶ月過ぎの製品)
ISO32、f:11、1/125 スタデラⅡで測定
現像液、コダックD-76・20℃原液・8分処理。

テーマ:雲の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/13(土) 07:27:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

おやじの戦記

戦争が終わって60年。
今年もまた、”あっ~い夏”がやって来た。
今年は終戦から60年という事もあってテレビなどでは多くの終戦記念特集が組まれている。
私のサイトにある”おやじの戦記”も記載してから7年が経つ。
今までに幾人の人達に読まれたのか今でも気に掛かる。
これまで更新せずに何年か経ってしまったが今年は思い切って新しくしてみた。
テキストの内容は殆んど変っていないが、今まで私が撮り溜めたモノクロの写真とFLASH
を使って編集してみた。
トップの写真は35年前に撮った夏空に、最近、近所で撮ったとうもろこし畑の写真を合成して
作ってみた。
しかし、今年は何故か”あっ~い夏”を思わせるもくもくと湧き上がった恐ろしいほどの入道雲が
なかなか現れてくれない。お盆になっても太陽がじりじりと照りつける暑さの中、あの真っ青な夏
空を見ることが出来ない。
しかたがなく、昔、日光で撮った雲の写真を合成してみた。
2枚の銀塩フイルムネガをスキャナーで読み取り、フォトショップでいろいろと工夫しながら
漸く出来上がった1枚である。が、写真を趣味とする者にとっては、この合成するという行為は
邪道の部類に入るのではないだろうか。
しかし、この合成された写真は、我が心に描いた憧憬でもありじっと見ていると何故か”おや
じ”と”おふくろ”と一緒に住んでいた遠い故郷の空を想い出してしまう。
そして、あの沖縄戦を回想した名曲、”さとうきび畑”をいつの間にか口ずさんでいる。
”ざわわっ、ざわわっ、ざわわっ”と。
今年の夏こそは、この心に描いたような懐かしい被写体に出会えることを願っている。

私の”おやじの戦記”が登録・掲載されている素晴らしいサイトがある。数年前に依頼があっ
て登録させて頂いたのだが、このサイトには先の大戦での悲惨な体験談や戦争に関わった記事
が数多く掲載されており、読むたびに目頭が熱くなってしまう。
あの悲惨な戦争の出来事や、本などでは得られない生々しい記録を読むことが出来るのではな
いかと思います。是非一読を。

「戦争を語り継ごう」(軍隊の中に掲載されています)
「おやじの戦記」(五月の風メインから入れます)


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/08/12(金) 00:00:00|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絹積雲

syp1970.jpg


35年前にコピーフイルムで撮った絹積雲と発達中の積雲。
現像時間は忘れてしまったが、多分現像液はミクロファインであったろうと思う。
35年経ってもネガの状態はすこぶる良くカビはなかった。
今も昔も雲の美しさは変わっていない。
ペンタックスSP・タクマーレンズ28mm
(栃木県矢板市にて。)

  1. 2005/08/06(土) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。