FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

雲の学名

雲の形を最初に分類したのはフランス人のラマルク(1747~1829)とイギリス人のハワード(1772~1864)である。
ハワードの分類法は絹雲・積雲・層雲の3基本に中間的な絹層雲・絹積雲・層積雲・雨雲の7種類に分けられていた。
その後、1894年に高積雲・高層雲・積乱雲を加えて10種類の基本雲形が定められた。
十種雲形

[学名と国際記号]
絹雲   Cirrus(シーラス)             Ci
絹積雲  Cirrocumulus(シーロキュムラス)    Cc
絹層雲  Cirrostratus(シーロストラタス)   Cs
高積雲  Altocumulus(アルトキュムラス)    Ac
高層雲  Altostratus(アルトストラタス)    As
乱層雲  Nimbostratus(ニンボストラタス)   Ns
層積雲  Stratocumulus(ストラトキュムラス) Sc
層 雲  Stratus(ストラタス)           Si
積 雲  Cumulus(キュムラス)           Cu
積乱雲  Cumulonimbus(キュムロニンバス)   Cb
スポンサーサイト



テーマ:雲の写真 - ジャンル:写真

  1. 2005/11/13(日) 17:01:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<乱層雲 | ホーム | 絹雲・放射状>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/134-aa3be2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する