FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

俳句。

20041126212419.jpg



”大枯野ぽつりと灯る火の見かな”


最近、何故か拘って撮り続けている場所がある。
巷ではダム建設が必要か否か問題になっているがこの地方も未だに揺れ続いている。
結果的にはダム建設続行? かと私もいくらかの関心は持っていた。
兎に角、遅ればせながらも興味を持って現地に行ってみた。
山肌は下半分が伐採され、異様な杉山を造っている。
大半の家屋は取り壊され跡形も無い。
残っているのはコンクリートの基礎のみである。
今も重機が入り家屋が無残にも壊されてゆく。
田畑は荒れ果て枯野と化している。
その枯れ野を横切るかのように道がくねって奥へと続いている。
その道端には村を長年見続けてきた一基の火の見櫓が天に向かって寂しそうに建っていた。
いずれは壊される運命なのだろう。
その火の見に灯が灯る夕暮れ、廃屋に残された犬が人の気配を感じて寂しく鳴いていた。

季語  大枯野(冬)(03/12/12)
スポンサーサイト



  1. 2004/11/26(金) 21:19:24|
  2. 一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ping | ホーム | 俳句。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/15-47ef0db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する