FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

ニコン、フィルムカメラからの撤退。

”ニコン、フィルムカメラからの撤退。”
先日、こんなニュースがネット上を駆け回った。
私達、写真を趣味とする輩には、非常に悲しむべく内容のニュースであった。
フィルムカメラについては新年の挨拶に書いたばかりであった。
以前から気に掛けてはいたが来るべき時がとうとうやって来た。
それも、よりによって目を疑いたくなるような老舗、ニコンではないか。
二種類のフイルムカメラ、F6・FM10は継続されるものの、それ以外のフィルムカメラは生産中止という事である。
そして、これからニコンはデジタルカメラに重点を置くという。

今、カメラ各社はデジカメ市場のシェアアップを目指して性能面、価格面でしのぎを削りあっている。
会社を存続させ、勝ち組みに残る為に不採算部門を切り捨ててゆくのは当然の理であり、いたしかたがない事ではないかと思う。
これからもフィルムカメラは容赦なく淘汰され、カメラ業界では今以上にデジタルカメラ、シェア首位争奪の熾烈な争いとなってゆくのではないだろうか。


私個人としては、フィルムカメラからデジタルカメラに移ってゆくのは、便利性を求める世の常として致し方ない事であると思う。
また、いつまでもフィルムカメラに拘る必要もないのではないだろうか。
作品を創る上で、カメラはあくまでも一つの道具であり、結果としての作品の出来、不出来は作者の感性の問題ではないだろうか。
私が拘っているモノクロについても、今のデジカメではいとも簡単に変換でき、フィルター効果や銀塩特有の粒子の状態も調整出来る。
私は、もし近い将来銀塩フィルムが無くなったとしても(多分銀塩フィルムは当分なくなる事はないと思う。が、しかしモノクロフィルムの存続はどうか?)嘆き悲しむ必要はないと思う。
また、慌ててデジカメに移行する必要もないと思う。
その時になってからデジタルカメラに移行しても十分に遅くはないと思う。何故ならば、近い将来今以上に性能も向上し、銀塩フィルムの高い解像度を凌駕して、誰でもが簡単に操作でき、難しかった露出で悩む必要のないデジカメが発売される日が来るのではないだろうか。


私が写真を始めた頃(昭和40年前半)、一眼レフカメラはTTL測光を搭載したカメラが続々と発表された。
この頃、ニコンではFシリーズのF2が発表されていたと思う。
私はカメラを買う為に各社のカタログを取り寄せ、食い入るように見比べていた。
しかし、ニコンは高級品でありその価格も凄く高く、私にとっては”高嶺の花”的存在でした。
結局、迷った挙句手にしたカメラは安給料の予算に見合ったアサヒペンタックスSPに落ち着いてしまった。
しかし今でも、F2のダイキャスト製のあのずっしりと重く、手に馴染むようなデザインは今でも憧れている。
あの頃、どんな被写体でもニコンで撮れば名作に仕上がる。と言う神話が私の心の中では疼いていた。

今想えば懐かしい時期ではあったが、今は私の持っているフィルムカメラ(中判フィルムカメラ・デジカメも含む)で露出に悩みながらも多くのフィルムを費やし、私の唯一の楽しみでもあるモノクロフィルムの自家現像を大いに楽しむ事であると感じている。
只、私が一番危惧していることはフィルム各社がモノクロフィルムから撤退(当分有り得ないと思うが?)してしまわない事ではないだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:なんでも.栃木.! - ジャンル:地域情報

  1. 2006/01/14(土) 18:57:55|
  2. 写真について。
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<郷土の言い伝え(その一) | ホーム | 言い伝え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/183-d2265290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニコン、フィルムカメラのラインアップを整理

ニコンがフィルムカメラのラインアップのいくつかを生産中止にすると発表しました。在庫がなくなり次第販売終了です。デジカメ事業に注力するためだそうです。これにより、ニコンはコンパクトタイプのフィルムカメラからは撤退することになります。(これは大手では初らしい
  1. 2006/01/14(土) 23:21:20 |
  2. mmkg

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する