FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

晩冬の裏山

photo by hiyama



茅葺き屋根の農家の裏山は、こんもりとした杉林と欅の雑木で覆われている。
昼でも薄暗い裏山は、夕刻ともなれば入りがたい夕闇につつまれてしまう。
鬱蒼とした裏山の欅の太い根元には、稲荷様が祀られている。
朽ちかけて朱の剥げ落ちた鳥居には、古い”しめなわ”が今にも切れそうに
張られ、その奥には古びて壊れかかった”社”が置いてある。
そして、社に置かれた一対の”こんこん様”がこちらをジーッと睨んでいる。



子供の頃は、そこへ行くのがとても怖かった。
「ゴォ-ッ」、「ゴォ-ッ」、「ゴォ-ッ」。
夕暮れの山から吹き下ろす風は、杉林を揺さぶる。
その裏山を揺さぶる風の音に、炭を入れた粗末な”やぐらこたつ”で何もせず、ただ”じっ-”と背を丸めて入っている私には、子供の頃父から聞いた「人さらい」の話しや、父が体験した「戦争」の話しの怖さがその風の音とだぶり、何とも云えぬ、「侘びしさ」、「寂しさ」、そして「怖さ」が今でも忘れられない。
そんな遠い昔の想い出が、晩冬の杉林を通り過ぎる風音と共に、私の脳裏をかすめていく。

スポンサーサイト



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/01(土) 19:01:20|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<太々神楽 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/204-3c7984ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する