FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

田中正造 映画「赤貧洗うがごとき」

先日、郷土の新聞社”下野新聞”の記事に目を通していましたら、明治時代足尾銅山による日本最初の公害問題で谷中村民と共にその窮状を国会へ訴え続けた田中正造の記事が載っていた。
その紙面の内容は、田中正造の生涯を描いた映画「赤貧洗うがごとき」が製作されているという事であった。

旧谷中村遺跡 photo by t.hiyama


田中正造の生涯映画、撮影着々谷中村廃村100年記念し谷中村廃村から今年で百年。これを記念し、田中正造の生涯を描いた映画「赤貧洗うがごとき」の製作が、渡良瀬遊水地などで進められている。足尾鉱毒問題を天皇に直訴、谷中村に移り住み、最期まで残留民とともに戦った正造。池田博穂監督は「正造は決してあきらめず、自分の信ずるところを貫いた。ぜひ若い人たちに見てもらいたい」としている。完成は6月予定。地元での試写会を経て9月から全国上映する。
映画は、茨城県古河市の「田中正造を後世に伝える会」が企画、「正造Shozo」製作委員会準備会が製作している。池田監督はプロレタリア作家小林多喜二の生涯をたどる長編記録映画「時代(とき)を撃て・多喜二」の監督も務めた。
「赤貧洗うがごとき」は、環境や平和、農業問題が深刻さを増す今、「廃村百年を記念し、田中正造の生き方を映像で見直そう」と準備に着手。正造の生涯を「事実に忠実に再現するドキュメンタリー」(池田監督)で、特に天皇直訴から谷中村に移り、亡くなるまでを重点的に描いた。
(下野新聞より抜粋)

私も田中正造についての書籍はいろいろと読んでみたが、その波乱に満ちた生涯を映画で感動出きる事を今から楽しみにしている。
数年前、城山三郎著”辛酸”を読んで谷中村に興味を持ち、カメラに納めた写真を私のメインサイト「五月の風」に載せてあります。

谷中村
渡良瀬

スポンサーサイト



テーマ:歴史は好きですか? - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/04/29(土) 09:04:31|
  2. お知らせ。
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<積雲 | ホーム | 太々神楽(7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/224-ef8dedf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ紹介

Blob 「風のつぶやき・・・・・」 hiyama様のブログで映画「赤貧洗うがご
  1. 2006/05/23(火) 15:49:59 |
  2. 赤貧洗うがごとき―田中正造と野に叫ぶ人々―

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する