FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道 憾満ヶ淵

地蔵


「奥の細道」には憾満ヶ淵での記述はないが「曾良日記」には ウラ見ノ瀧(一リ程西北)、カンマンガ淵見巡、漸ク及午。 とあり、芭蕉一行は裏見の滝を見てからここに来たと思われる。
ここには、慈眼大師天海の弟子約100名が寄進した地蔵が並んでいる。
明治35年(1902年)の洪水で親地蔵と他の地蔵がいくつか流され、100体近くあったのが70体ほどになっている。
その時に並び地蔵の中の親地蔵も流され、その首が川床に埋没していたのを見つけて浄光寺に安置したという。
並び地蔵は数えるたびに数が異なるといういわれから「化け地蔵」とも呼ばれている。芭蕉たちも数えてみたのだろうか。
含満ヶ淵は、古くから不動明王が現われる霊地と言われ、水流の響きが不動明王の呪文のように聞こえたので、僧晃海が、呪文の一句「憾満(かんまん)」をとって「憾満ヶ淵」と名付けたと伝えられる。


化け地蔵
”化け地蔵”







憾満ヶ淵憾満ヶ淵
(日光山志より)
憾満ヶ淵の図、右の図に霊庇閣が見える。

霊庇閣から見た弘法の投筆

霊庇閣
1654年慈雲寺創建のとき、晃海大僧正が建立した四阿造りの護摩壇。

弘法の投筆
弘法の投筆
参考資料 隋想社編 郷愁の日光 石井敏夫絵葉書コレクションより

ここは、弘法大師空海が対岸の霊庇閣から筆を投げて書いたという伝説から”弘法の投筆"といわれる。しかし実際はこの地を開いた晃海大僧正が能書家の山順僧正の書いた梵字を岩に刻ませたものである。


化け地蔵


化け地蔵
化け地蔵
参考資料 隋想社編 郷愁の日光 石井敏夫絵葉書コレクションより






スポンサーサイト



テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/07/23(日) 12:20:57|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥の細道番外 大日堂 | ホーム | 奥の細道 裏見の滝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/281-2c456226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する