FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道番外 寺山観音寺

山門


寺山観音寺は矢板市の北西部、高原山の裾野に建つ下野三十三観音札所第七番の古刹である。与楽山観音寺といい、奈良時代の神亀元年(七二四年)のころ寺山観音の前身である法楽寺が、高原山剣ヶ峰近くに行基菩薩によって建立された伝えられる。
法楽寺は、当時山岳仏教の中心として栄えたものと考えられ、寺の在所、観満平などの地名が残っている。平安時代の大同元年(八〇六)徳一上人が法楽寺を現在の寺山の地に移し観音堂を建立したという。


鐘撞き堂
”鐘つかぬ里は何をか春の暮”  芭蕉


回廊石仏


本尊・千手観音坐像、毘沙門天立像、不動明王立像は国の重文に指定されている。この本尊は秘仏であり六十年に一度開帳される。
また境内には県指定の天然記念物の大銀杏がある。
この近辺には、栃木県民の森寺山ダムそしてリンゴ狩りが楽しめる長井地区がある。


山門

それから、ここ寺山観音寺は私にとって深い想い出のある所でもある。
私が中学3年生の時であるから今から40年ほど前の出来事である。
塩谷郡地区の中学校を対象とした”夏季リーダー講習会”がここで開かれ、郡内の各中学校から数名が選ばれて3泊4日の合宿が行われた。
我が校からは私を含めて男子生徒3名が参加した。総勢50名ほどいたと思う。
学習内容は忘れてしまったが朝夕の食事、野外活動としてみつもち山への飯盒炊爨を兼ねたハイキング、最終日のキャンプファイヤーなどなど。ここで習った”大きな栗の木下で”の歌は今でも鮮明に覚えている。夕方になると蜩が寂しそうに鳴き始め、3日とはいえ家が恋しくて堪らなかった想い出がある。
それから数年ほど前、懐かしさのあまりここを訪れてみた。当時とほとんど変わらず私たちが雑魚寝した庫裏などを案内していただいた。そして一時間ほどお寺の方と当時の思い出話などをして帰ってきた。

スポンサーサイト



テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/04(金) 09:28:04|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<句碑・日光東照宮宝物館(日光市) | ホーム | 奥の細道 那須野>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/294-119debaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する