FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道 黒羽

kurotop.jpg

(黒羽城址より那須方面を望む)


黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信る。思ひがけぬあるじの悦び、日夜語つゞけて、其弟桃翠など云が、朝夕勤とぶらひ、自の家にも伴ひて、親属の方にもまねかれ、
                                  -奥の細道-


黒羽の館代である浄坊寺何がしという人のところを訪ねた。
思いがけない私たちの訪問に主人は喜び、日夜語りつづけた。その弟の桃翠(翠桃)という人が、まめに来てくれたり、自分の家にも招き、親戚の家にも招待された。

澤村ヨリ太田原ヘ二リ八丁。太田原ヨリ黒羽根ヘ三リト云ドモ二リ余也。
翠桃宅、ヨゼ(濁モト)ト云所也トテ、貳十丁程アトヘモドル也。

   -曾良随行日記-



元禄2年(1689年)4月3日(新暦5月21日)、芭蕉と曽良は、玉生の宿を早朝に立ち、矢板、沢村、大田原を経、黒羽余瀬の翠桃宅に到着した。
黒羽では城代家老の浄坊寺図書(桃雪)とその弟鹿子畑善太夫(翠桃)に迎えられ、「奥の細道」紀行での滞在は黒羽が一番長く、4月3日から16日まで13泊14日の長期滞在をした。
余瀬は黒羽の北西にあり大田原と隣接している。



クリック、ありがとうございます。ブログランキング
クリック、ありがとうございます。にほんブログ村 トラックバックテーマ 奥の細道紀行へ
奥の細道紀行

kizuki.info


鹿子畑翠桃邸跡

余瀬の里は黒羽中心地より北西、慶応年間に大関増清が築いた白旗城があった所で、近くには芭蕉の弟子で大関家の家臣鹿子畑翠桃邸跡や墓所がある。
この近くの西教寺の前を走る道は東山道で昔粟野宿だった。

芭蕉に関する資料は黒羽町商工会のサイトに詳しく載っています。

大雄寺山門

黒羽山大雄寺(くろばねさん だいおうじ)は黒羽藩主大関家の菩提寺で、黒羽余瀬に応永11年(1404)に創建された。
現在の建物は文安5年(1448)に建てられたもので、大関高増により、天正4年(1576)黒羽城築城のおり、現在地に移築された。
大雄寺は芭蕉とは直接関係はないが花の寺(牡丹、シャガ)として有名で座禅なども体験出来る。(要予約)
ぜひ一度は訪れてみたい所でもある。

大雄寺May's Roomの大雄寺でも紹介しています。

座禅堂回廊

黒羽山 大雄寺は600年以上の歴史を持つ曹洞宗の禅寺です。
詳しくは大雄寺のサイトをご覧ください。



スポンサーサイト



テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/12(土) 08:34:16|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥の細道 玉藻の前 | ホーム | 句碑・薄葉(大田原)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/302-7385f256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する