FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道 黒羽(二)



城代家老の浄坊寺図書(桃雪)邸跡


黒羽の館代浄坊寺何がしの方に音信る。
思ひがけぬあるじの悦び、日夜語つゞけて
                          -奥の細道


黒羽の館代である浄坊寺何がしという人のところを訪ねた。
思いがけない私たちの訪問に主人は喜び、日夜語りつづけた。

四日 浄法寺図書ヘ被招。
                          -曾良随行日記


黒羽での芭蕉は、城代家老の浄坊寺図書(桃雪)邸に招かれ厚くもてなされ泊まっていた。
浄坊寺図書(桃雪)邸跡は黒羽城址の南、大雄寺のすぐ北にあり芭蕉公園として整備されている。
黒羽城址、芭蕉公園、芭蕉の館に関しては黒羽町商工会のサイトに詳しく載っています。



クリック、ありがとうございます。ブログランキング
クリック、ありがとうございます。にほんブログ村 トラックバックテーマ 奥の細道紀行へ
奥の細道紀行



山も庭も(に)動き入るるや夏座敷


芭蕉は、この書院から「奇峯乱山かたちをあらそひ一髪寸碧絵にかきたる」ような眺望をたたえて、”山も庭も(に)動き入るるや夏座敷”と詠んだ。
庭内には加藤楸邨筆の句碑が建てられている。




スポンサーサイト



テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/16(水) 20:19:42|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<句碑・大雄寺 | ホーム | 遠い夏の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/309-b9f1737b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する