FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道 雲巌寺





当国雲岸寺のおくに佛頂和尚山居跡あり。 竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば和尚は、「竪横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば」と、松の炭して岩に書付侍りと、いつぞや聞え給ふ。其跡みんと雲岸寺に杖を曳ば、々すゝんで共にいざなひ、若き人おほく道のほど打さはぎて、おぼえず彼梺に到る。山はおくあるけしきにて、谷道遥に、松杉黒く、苔したゞりて、卯月の天今猶寒し。十景尽る所、橋をわたつて山門に入。十景が尽きる所の橋を渡って山門に入る。さて、かの跡はいづくのほどにやと、後の山によぢのぼれば、石上の小庵岩窟にむすびかけたり。妙禅師の死関、法雲法師の石室をみるがごとし。
   ”木啄も庵はやぶらず夏木立”
と、とりあへぬ一句を柱に残侍し。                                                                       -奥の細道-



この下野国の雲巌寺の奥に、仏頂和尚の山居跡がある。
と松の炭で傍らの岩に書き付けましたよ、といつぞや語っておられた。
その跡を見ようと雲巌寺に行こうとすると、人々が進んで共に誘い合い、多くの若い人が道々にぎやかに騒ぎ、気が付けば山寺の麓に着いていた。
山は奥深い景色であり、谷道は遥かに続き、松や杉はあたりを暗くし、苔はみずみずしく輝き、卯月というのに寒々としている。
さて、仏頂和尚の山居跡はどこにあるのかと、寺の背後の山によじ登ると、岩の上に、小さな庵が岩窟に立てかけるようにして築かれていた。
中国の高僧妙禅師が「死関」の額を掲げて修行した洞穴や法雲法師が身を置いた大岩の上の居所を見るような思いがした。
    ”木啄も庵はやぶらず夏木立”
さすがのきつつきも、仏頂和尚の結んだ山居だけはやぶろうとはしないようだ。こうして、うっそうとした木々の中に和尚が修行した庵を拝見することができたのはありがたいことだ、と感じ入り、取り敢えず一句を書いて柱に残したのだった。


五日 雲岩寺(8)見物。朝曇。両日共ニ天氣吉。
                       -曾良随行日記-



雲巌寺山門


黒羽から雲巌寺へは461号線を八溝山方面に東進する。
杉の大木に囲まれた山門の入り口には朱塗りの反り橋が掛かり、幽玄な世界に入り込んだ雰囲気である。
雲巌寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺で山号を東山という。
ここは芭蕉が江戸で修行した禅の師、仏頂和尚が滞在していた古刹でもある。
筑前博多・聖徳寺、越前・永平寺、紀州由良・興福寺とともに禅宗の四大道場の一つとされる。



クリック、ありがとうございます。ブログランキング
クリック、ありがとうございます。にほんブログ村 トラックバックテーマ 奥の細道紀行へ
奥の細道紀行


雲巌寺は数年前に訪れ、その時撮ったモノクロ写真。




雲巌寺は1828年に北条時宗が建立した禅寺で、1590年には豊臣秀吉に伽藍を焼かれてしまったが、江戸期には再興して今に至っている。







雲巌寺の境内には海岩閣、竹林、十梅林、竜雲洞、玉几峰、鉢盂峰、水分石、千丈岩、飛雪亭、玲瑯岩の十ヶ所を「雲巌寺十景」と呼ぶ美しい眺めがあった。



スポンサーサイト



テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/19(土) 08:45:11|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<句碑・桃雪邸跡(黒羽) | ホーム | 句碑・大雄寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/311-d9e459b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する