FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

奥の細道 高久・那須

高福寺(高久)


城代家老の浄坊寺図書(桃雪)に見送られ、余瀬を発った芭蕉一行は元禄2年(1689年)4月16日(新暦6月3日)、芭蕉と曽良は高久に到着し、高久覚左衛門宅に2泊した。
高久邸は国道四号新高久の高福寺の近くで、宅地内には「芭蕉二宿」の碑と芭蕉翁塚がある。


是より殺生石に行。館代より馬にて送らる。此口付のおのこ、短冊得させよと乞。やさしき事を望侍るものかなと、
野を横に馬牽むけよほとゝぎす 
                   -奥の細道-


これより殺生石に行く。館代が馬で送ってくれた。
この馬を引く男が「短冊に一句書いてくれませんか」とせがんだ。風流なことを望むものだと感心し、応えてあげた。
  野を横に馬牽むけよほとゝぎす
どこやらでほととぎすが鳴いているよ。さあ、聞こえる方に馬を差し向けて、いっしょに聞こうではないか。



クリック、ありがとうございます。ブログランキング
クリック、ありがとうございます。にほんブログ村 トラックバックテーマ 奥の細道紀行へ
奥の細道紀行



一 十六日 天気能。翁、館ヨリ余瀬ヘ被立越。則、同道ニテ余瀬ヲ立。 及昼、図書・弾蔵ヨリ馬人ニテ被送ル。馬ハ野間ト云所ヨリ戻ス。此間弐里余。高久ニ至ル。雨降リ出ニ依、滞ル。此間壱里半余。宿角左衛門、図書ヨリ状被添。

一 十七日 角左衛門方ニ猶宿。雨降。野間は太田原ヨリ三里之鍋かけヨリ五、六丁西。
                     -曽良随行日記-


芭蕉翁塚


覚左衛門の孫の青楓が、宝暦4年(1754年)芭蕉が当地を訪れたことを記念して「芭蕉庵桃青君碑」を建て翁塚としたもの。
青楓は、俳文にちなんで塚を「杜鵑(ほととぎす)の墓」と称した。


高久角左衛門ニ授ル
みちのく一見の桑門同行二人なすの篠原を尋て猶殺生石ミんと急侍るほとにあめ降出けれは先此処にとゝまり候
  落くるやたかくの宿の時鳥 翁
  木の間をのそく短夜の雨 曽良
元禄二年孟夏     曽良「俳諧書留」

案内板


スポンサーサイト



テーマ:写真俳句 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/30(水) 07:04:16|
  2. 奥の細道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥の細道 殺生石 | ホーム | 句碑・雲巌寺(黒羽)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/322-4a3c20db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する