FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

08’新春 上南摩から

梶又地区


新しい年を迎えて3ヶ月ぶりに上南摩地区を訪れてみた。
西沢地区から県道を進むと左側に粟野へ抜けるT字路がある。
その先の杓子沢地区では南摩ダムによって水没する県道の迂回道路の工事が昨年から始まっている。
この道は付替県道上久我都賀栃木線(6.4km)で、山の中腹を縫って通る道であり、2基の橋梁と全長637mのトンネルが出来るそうである。
上南摩小学校の先では道路の拡張工事や迫り出した山の岩盤の掘削工事も始まっている。

上南摩地区の写真(銀塩モノクロ)と手記を綴った
「上南摩」


梶又地区


室瀬地区ではダムサイトの下流になる所にあった民家が2軒移転している。
そして、ダムサイトになる所では、今でも地質調査のためのボーリングが数箇所で行われている。

梶又地区


想い出の梶又地区は写真のように枯れススキ枯れ草に覆われて荒涼としている。
そして、県道の脇にはこの地区の消防小屋と枯れ蔓に覆われたあの火の見櫓が寂しげに天を突いていた。

火の見櫓


ここから車を少し進めると左奥に旧梶又小学校がみえてくる。
冬日の柔らかな日差しが木造の校舎を包み込んでいる。
しかし、校庭は荒れ誰も使わないブランコやジャングルジムは塗装が剥がれ枯れ草の中に置き去りにされている。
校舎に近づいても窓はカーテンが閉められ中は見ることが出来ない。
しかし、私の目に映るのは廃校される前の校舎のままであった。
今までここへ来るたびに私の足元に擦り寄ってきた数匹の猫たちは何処に行ってしまったのであろう。

旧梶又小学校








スポンサーサイト



テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/01/17(木) 16:23:37|
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ipodnano(三) | ホーム | ipodnano(二)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/382-d1ee2c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する