FC2ブログ

風のつぶやき! 南摩ダム・日帰り温泉などの情報

風の吹くまま、気の向くままに!

雲への想い出

桃と絹雲


この写真を撮ったのがたしか私が20歳の頃であるからかれこれもう30年も前である。
しっくりと手に馴染んだダイキャスト製の愛機”アサヒペンタックスSP”を肩からぶら下げ被写体を求めて歩き回っていた。
この頃は”雲”の魅力にとりつかれモノクロ(コダック社のトライX)で”雲”ばかり追い求めていた。
河川敷に造られた広い畑には、同じ高さで並んだ桃の木が濃いピンクの花を満開にさせ、畑一面を桃一色に染めあげて私を迎え入れてくれた。
川面から流れてくる春の風が桃の花を微かに揺れさせ、満開の花からは陶酔したくなるような甘美な香りを畑一面に漂わせている。
私は藁の敷かれた木の下に仰向けに寝っ転がった。
紺碧の果てしなく続く空には、薄い絹のベ-ルを敷き詰めそれを軟らかな羽根箒で掃いた様な巻雲が幾筋にも重なり合い何処までも続いている。
「春の雑木林」桃源郷より抜粋

この写真はアサペンSPを手にしてから初めて雲の素晴しさを意識した想い出の一枚である。
たぶんこの頃は花を被写体にしていた頃で、たまたまバックに絹雲が写っていたものである。
この頃から数ヶ月後、宇都宮で鈴木正一郎先生の雲の写真展に出会い、雲の魅力にとり付かれ雲を追いかけるようになってしまった。
また、この頃買ったモノクロの雲の写真集との出会いも、モノクロの素晴しさを知るきっかけとなった。


スポンサーサイト



テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/02/09(土) 09:08:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<しもつかれ | ホーム | 雲の移動>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7n2ftc.blog1.fc2.com/tb.php/396-f7c38cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

may wind  (五月の風)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する